脱プラに関して、見直しされた材質が有りました!

SDGs関連

脱プラの代わりは紙、というのが定番ですが、

飲み物関係では「アルミ」が見直されています。

今朝の新聞記事です。

ペットボトルの代替として、アルミ缶が注文されてきている、という内容です。

無印良品やダイドードリンコなどがスタートしました。

目的は、「水平リサイクル」(元と同じものにリサイクルする)率が高いことと、

中の食品の賞味期限も長くなり、食品ロスに貢献できる、ことです。

(水平リサイクとは。。。水平リサイクルとは (rinnex.co.jp)

ペットボトルは記事によると、24.3%。アルミになると71。0%になるそうです。

アルミ缶が水平リサイクルされる工程の動画がありました

ザ メイキング (16)アルミオンズミズミズミズ – YouTube

脱プラがまず「紙」というイメージがありますが、リサイクルしやすい材質、形状などで

アルミなどの金属というのも選択肢の一つです。

SDGsでいう海のゴミについて、は減少に貢献しないのでは?との疑問は、紙も同じです。

(食品、飲料を入れる紙容器は、ラミネート加工が必要な物が多く海に出てもすべて溶けません)

結局はゴミのポイ捨てをどう減らすか、が一番ポイントになります。

こちらもペットボトル同様、捨てたらお金がかえる、またはポイントサービス、

のような仕組みがあれば、数量は増えるのではないでしょうか?

今日もありがとうございました。

ブログリニューアルしました。旧記事はこちらから↓

橋本包材研究所 所長のブログ – パッケージで気になることを、ちょこっと発信!! (photo.blog)

ホームページ、facebook、instagram で、パッケージについてのいろいろな情報を発信しています。

ケーキ箱・貼り箱・紙箱・ギフト箱。箱やパッケージデザインのことなら橋本パッケ
橋本パッケは「包む」ことをテーマに、開ける喜びと感動を与えるための研究開発を約60年続けています。私たちはその培った経験で、高い企画力と対応力かつ、リーズナブルであること基本にして真摯に対応させて頂きます。
https://www.instagram.com/packe_kobe/
株式会社橋本パッケ
株式会社橋本パッケ、神戸市 - 「いいね!」404件 · 32人が話題にしています · 136人がチェックインしました - 神戸発!“贈る人のきもち”をつたえるスイーツパッケージ

ネット通販サイトリニューアルしました。http://packe-shop.com/

コメント

タイトルとURLをコピーしました