SDGs関連

SDGs関連

パッケージの紙製への移行は進むのか?

お菓子の脱プラパッケージが少しずつ増えてきています。要因は脱プラでのイメージアップもありますが、高級感に見える質感にもありそうです。プラ資源は使いませんが、食品が触れているため処分方法は紙でもプラでも結局「燃えるゴミ」です。
SDGs関連

発信することで次の気付きに!

思ったことは行動に移したほうが良いことが多いです。すると次のステージの気付きに繋がります。
SDGs関連

結局無料に戻るのか?レジ袋?

レジ袋有料化は、本当に有効だったんでしょうか?その目的を確認し、実態を検証することがまずは大事です。
SDGs関連

やろうと思ってできないなら、しやすい仕組みを作ること。

「強制させられるよりも、しやすい環境を作って自然と皆がするようになる」ことが一番良いことです。あまりひどいようだとレジ袋有料化のように半強制させられます。一人ひとりの意識を高く保ち。国に言われなくともできる我々でありたいと思います。
SDGs関連

形状を工夫することで減プラを促進!

プラスチックが悪者扱いされていますが、その中でも形状、材質が進化していっています。パッケージにおけるプラスチック使用も、必要なときは必要ですし、しばらくすると紙や木がまた悪者になることも、歴史の流れから否定できません。
SDGs関連

プラスチック置き換えるなら、いっそこうしてみては・・?

レジ袋有料化による、環境への影響の検証をされていないので「またやるの」となってしまいます。それなら、いっそ原料の調達を変えてみましょうよ。このほうが皆が少しイキイキしそうな気がします。
SDGs関連

レジ袋有料化の弊害と、その対策

レジ袋有料化に対する懸念点は当初から言われていたことです。お店にとって負担になりますが対策については今の所国の方針では特にありません。気合だけが現状です。仕組みづくりが必要だと思います。
SDGs関連

意識付けは完了!より多いものへチャレンジ!

プラスチックゴミの中でレジ袋の占める割合は2%ほど。「漁具」「人工芝」などもっと多いものがあります。一人ひとりの意識付けは完了しました。本丸へのチャレンジしていくタイミングではないでしょうか!
SDGs関連

自分が信頼されるために、まずやるべきこと

西宮にある「グッドホールディングス」さんへ訪問。素晴らしい取り組みをされている企業でした。そのベースは「どのようにお客様に信用していただけるか」にありました。
SDGs関連

国産、地元産へ求める価値。

地元産、国産の食べ物のほうがなんか美味しい感じがします。また、自分で選ぶと特にそう思います。
タイトルとURLをコピーしました