パッケージの紙製への移行は進むのか?

SDGs関連

先日、パッケージに紙製のポテトチップスが発売されました。

湖池屋の「The麹塩」「Theのり塩」です。

湖池屋は、おつまみから始まった。 「KOIKEYA The のり塩」 「KOIKEYA The 麹塩」 老舗がつくる“至福のおつまみポテトチップス” 湖池屋初の“紙”を使ったパッケージで新登場 (koikeya.co.jp)

同社初の紙製パッケージのポテトチップスです。

ポテトチップスの紙製のパッケージは「チップスター」が有名です。

チップスター | ヤマザキビスケット (yamazaki-biscuits.co.jp)

紙製にすると、ちょっと高級感が出たような気がします。

だからか、お菓子売り場にはマット感のあるパッケージが増えて来たように思います。

紙かな、と思ったら実はマットフィルムでした、というものが多くなってきています。

ちなみに、中身はこんな感じです。

いつもポテトチップスを買ってまで食べないのですが、量はコレしか入ってないの?という感じであっという間に完食してしまいました。

シルバーの色は、アルミ素材をラミネート加工されているのもので、

ポテトチップスの油分が外に染み出ない仕組みになっています。

お菓子の「紙製になりました」パッケージにどれも共通するのですが、

「ゴミは紙のゴミでなく、燃えるゴミで処分する」

ということです。

プラ原料は使っていないですが、ゴミとしては燃えるゴミになります。

ココが紙製パッケージがあまり浸透しない要因ではないかと見ています。

「プラスチック」から「紙」に変えると原価が上がります。

当然コレも大きな要因です。

ですが、まだ「紙に変えることが本当にSDGsにつながるのか?」

というところが人々に響いていないのではないでしょうか?

そこから考えると、一番のSDGsは

「使ったもの、ゴミをちゃんと分別して捨てること」

つまり「使ったものはきちんと処分すること」

だと私は考えます。「つくる責任、つかう責任」という項目です。

SDGs|目標12 つくる責任つかう責任|食糧が余っているのに飢餓!?

「捨てる責任」の言葉も入れてもよさそうな・・・。

ただ、紙に変えることで企業のイメージアップ、質感のアップはできます!

以前キットカットや味覚糖の飴、ミルキーのパッケージ、が紙製パッケージに変わって、

これから進むのか?と思いましたが、各社まだ様子見、といった感じのようで、

一気に進んでいるわけではなさそうです。

脱プラパッケージは・・ – 橋本包材研究所 所長のブログ (photo.blog)

脱プラだけでなく・・もうひとつの想いは? – 橋本包材研究所 所長のブログ (photo.blog)

このパッケージも、とうとう紙に! – 橋本包材研究所 所長のブログ (photo.blog)

パッケージ業界も「脱プラ」はよく言われますが、

「レジ袋有料化をやめたほうが良い」意見も大多数で、

今後の「脱プラ」の展開が色々ありそうです。

今日もありがとうございました。

ブログリニューアルしました。旧記事はこちらから↓

橋本包材研究所 所長のブログ – パッケージで気になることを、ちょこっと発信!! (photo.blog)

ホームページ、facebook、instagram で、パッケージについてのいろいろな情報を発信しています。

ケーキ箱・貼り箱・紙箱・ギフト箱。箱やパッケージデザインのことなら橋本パッケ
橋本パッケは「包む」ことをテーマに、開ける喜びと感動を与えるための研究開発を約60年続けています。私たちはその培った経験で、高い企画力と対応力かつ、リーズナブルであること基本にして真摯に対応させて頂きます。
https://www.instagram.com/packe_kobe/
株式会社橋本パッケ
株式会社橋本パッケ、神戸市 - 「いいね!」404件 · 32人が話題にしています · 136人がチェックインしました - 神戸発!“贈る人のきもち”をつたえるスイーツパッケージ

ネット通販サイトリニューアルしました。http://packe-shop.com/

コメント

タイトルとURLをコピーしました