こんなものまで紙に!

SDGs関連

昨日昼食時にこんなことが。

回転寿司の「くら」では、皿を5枚返却口に入れると、

ゲームができる仕組みになっています。

いわゆる「ビッくらポン」です。

当たりの場合、ガシャポンで景品がもらえます。

偶然にもあたった際に「紙になってる!!」

あたったことをご紹介したのでは有りません。

このように、ガシャポンのカプセルが「紙製」になっていました。

よく見ると「紙マーク」が

実は前にも記事になっていました。スタートしたのは去年のようです。

無添くら寿司「ビッくらポン」に世界初の“紙カプセル”試験導入、持ち帰り袋はバイオマスプラスチック配合に|食品産業新聞社ニュースWEB (ssnp.co.jp)

くら寿司はお皿にカバーを被せる仕組みを業界初導入。

「ここまでしてやりすぎなのでは」と思ったのですが、

時代の流れもあり安心安全感では一番です。

紙製のカプセルも私は「ここまでやるか」と思いましたが、

もしかすると時代の主流になるのかもしれませんね。

プラスチックよりも間違いなく原料費、製造コストなどの

経費はかかります。

個人的には本当はどちらが良いのか?は微妙なところです。

昨日の記事のように再生プラスチックが浸透すれば、

それでも良いと思いますし、あとは企業姿勢の違いになると思います。

今日は「こんなものまで紙に?」のご紹介でした。

今日もありがとうございました。

ブログリニューアルしました。旧記事はこちらから↓

橋本包材研究所 所長のブログ – パッケージで気になることを、ちょこっと発信!! (photo.blog)

ホームページ、facebook、instagram で、

パッケージについてのいろいろな情報を発信しています。

ケーキ箱・貼り箱・紙箱・ギフト箱。箱やパッケージデザインのことなら橋本パッケ
橋本パッケは「包む」ことをテーマに、開ける喜びと感動を与えるための研究開発を約60年続けています。私たちはその培った経験で、高い企画力と対応力かつ、リーズナブルであること基本にして真摯に対応させて頂きます。
https://www.instagram.com/packe_kobe/

https://www.facebook.com/hashimotopacke/

ネット通販サイトリニューアルしました。

箱と袋のセレクトショップ Packe
小ロットの箱と袋のセレクトショップ

コメント

タイトルとURLをコピーしました