あらゆるケースを想定し、有意注意で。

世の中のパッケージ

昨日は営業会議がありました。

実績の報告や製造させていただいた商品の紹介などをしていますが、

受け身では面白くないので、できるだけ意見を言ってディスカッションしやすいように、

いろんな事例を取り上げての深堀り、質問の時間を設けています。

以前より増えている「スイーツの冷凍発送」。

冷凍発送用に作ったパッケージ、改良点について話し合いました。

冷凍する際に気をつけることとして

・結露対策(水滴が付いても耐えれるか)

発送する際に気をつけることとして

・輸送中雑に扱われても、中身が壊れないか。

・揺れて形状が崩れないか。

などがあります。

特に梱包時、輸送時にわざとでなくても逆さまに、横向けになったり、などを

想定しておかねばなりません。

通販のトラブルのイラスト(機械・男性)

「想定しすぎるくらいに対策してちょうどよい」

配送時の必須ポイントだと思います。つまり、

「ミスができない、きちんとしたことをするとき、不備を想定しすぎるくらいでちょうど良いくらい、いろんな想定をしておく」

絶対遅刻できない場面で早めの電車にのることなど、

皆様していることだと思います。

仕事においてはあらゆる場面でこの用心さが求められます。

できるように常に有意注意で取り組んで行きます。

今日もありがとうございました。

ブログリニューアルしました。旧記事はこちらから↓

橋本包材研究所 所長のブログ – パッケージで気になることを、ちょこっと発信!! (photo.blog)

ホームページ、facebook、instagram で、パッケージについてのいろいろな情報を発信しています。

ケーキ箱・貼り箱・紙箱・ギフト箱。箱やパッケージデザインのことなら橋本パッケ
橋本パッケは「包む」ことをテーマに、開ける喜びと感動を与えるための研究開発を約60年続けています。私たちはその培った経験で、高い企画力と対応力かつ、リーズナブルであること基本にして真摯に対応させて頂きます。
https://www.instagram.com/packe_kobe/

https://www.facebook.com/hashimotopacke/

ネット通販サイトリニューアルしました。http://packe-shop.com/

コメント

タイトルとURLをコピーしました