レジ袋有料化

未分類

お土産物の傾向にみる「プラスチック」から感じたこと

お土産はどのような意味があるのでしょうか。聞いたところでは「旅の思い出の延長」をするため、らしいです。お土産をもらう、食べるなどの機会で旅の思い出を話すことができます。聞いた方も行ってみたい、と思うくらいになれば、お土産物も冥利に付きますね。
SDGs関連

有料が無料でなく、無料が有料になるかも?

レジ袋有料は義務ではないのは多くの方はわかっているはず。それよりも原油価格、円安の影響の方が心配です。
SDGs関連

有料化の義務は有りません。

レジ袋と違い有料化にする必要はありません。ただし、減らす努力、声掛け程度でも大丈夫ですがしたほうが良いと思います。これは「絶対つけないといけない」から「いる場合につける」という、もともとでもできたことのように思います。
SDGs関連

レジ袋使用量半減になったことから、思ったこと。

レジ袋使用量が半減となりました。12品目も明日から削減努力が必要となります。我々が作っていく世の中はどんな世の中がよいのでしょうか?考える機会になりました。
SDGs関連

実体と目的がはっきりすれば、協力される。

指示、命令は目的や実態、実情がはっきりしないから、イヤイヤ協力や、しない、ようなことになって、結果もダメ、その責任は自分でなく他人、となってしまうのだと思います。
SDGs関連

使い捨てスプーン削減、4月から決定!

プラスチックゴミ削減が目的ですが、レジ袋有料化の効果はどうなのでしょうか?
SDGs関連

結局無料に戻るのか?レジ袋?

レジ袋有料化は、本当に有効だったんでしょうか?その目的を確認し、実態を検証することがまずは大事です。
SDGs関連

やろうと思ってできないなら、しやすい仕組みを作ること。

「強制させられるよりも、しやすい環境を作って自然と皆がするようになる」ことが一番良いことです。あまりひどいようだとレジ袋有料化のように半強制させられます。一人ひとりの意識を高く保ち。国に言われなくともできる我々でありたいと思います。
SDGs関連

レジ袋有料化の弊害と、その対策

レジ袋有料化に対する懸念点は当初から言われていたことです。お店にとって負担になりますが対策については今の所国の方針では特にありません。気合だけが現状です。仕組みづくりが必要だと思います。
SDGs関連

意識付けは完了!より多いものへチャレンジ!

プラスチックゴミの中でレジ袋の占める割合は2%ほど。「漁具」「人工芝」などもっと多いものがあります。一人ひとりの意識付けは完了しました。本丸へのチャレンジしていくタイミングではないでしょうか!
タイトルとURLをコピーしました