自分が正しくても、周りを受け入れることが寛容

会社経営

求めている本はなかったのですが、本屋さんに行くとなんか目に入ってきて、

ふと買ってしまう、ことが私には多いです。

その結果読まないで積んであることもありますが。

昨日本屋さんで目に止まった、東條英機についての本です。

一九四四年の東條英機の通販/岩井 秀一郎 祥伝社新書 – 紙の本:honto本の通販ストア

(こんなサイトもあるんですね。。。)

『一九四四年の東條英機』|感想・レビュー – 読書メーター (bookmeter.com)

歴史の勉強では「戦争へ導いた悪い人」というイメージでしたが、

色々な本や記事を読む中で、そんなことはないのでは、と思っていたので、

購入して読んでみました。感じたこととして、

・人間的には私利私欲がない、清廉潔白な人だった。

・日米開戦は反対の姿勢で内閣を組閣し、陸軍を止めるのは東條しかいなかったため、急遽組閣するようになった。

生き方、考え方としてひとりの人間、日本人としては立派な人だと思いました。ですが、

・自分は正しいことをしているから、皆そうして当然だ。

・自分の意見は正しく、人の助言、アドバイスをあまり聴かずに、しかも意見する人を排除する姿勢が強かった。

この考え方が、トップの姿勢として少し問題だと思いました。

「自分は正しいことをしているから、家族も、社員も従って当然だ」

トップの率先垂範から、こう思いがちになりました。私もそうでした。

でも、このようにはなりません。

逆にトップが悪いことをしていると、周りも悪いことをしがちになります。

自分が正しいことをすることは大事ですが、周りには押し付けず現状を受け入れ、

自然にそうなっていくようにすることが大事だと思います。

また、周りから意見してくれることも受け入れ、取捨選択を決める姿勢も大事です。

ひとりで強引にやるより、みんなが自然に協力してもらえるような環境が、

皆が幸せになるのではないでしょうか。

私も心がけて行きたいと思います。

今日もありがとうございました。

ログリニューアルしました。旧記事はこちらから↓

橋本包材研究所 所長のブログ – パッケージで気になることを、ちょこっと発信!! (photo.blog)

ホームページ、facebook、instagram で、パッケージについてのいろいろな情報を発信しています。

ケーキ箱・貼り箱・紙箱・ギフト箱。箱やパッケージデザインのことなら橋本パッケ
橋本パッケは「包む」ことをテーマに、開ける喜びと感動を与えるための研究開発を約60年続けています。私たちはその培った経験で、高い企画力と対応力かつ、リーズナブルであること基本にして真摯に対応させて頂きます。
https://www.instagram.com/packe_kobe/
株式会社橋本パッケ
株式会社橋本パッケ、神戸市 - 「いいね!」404件 · 32人が話題にしています · 136人がチェックインしました - 神戸発!“贈る人のきもち”をつたえるスイーツパッケージ

ネット通販サイトリニューアルしました。http://packe-shop.com/

コメント

タイトルとURLをコピーしました