当たり前が、当たり前でないことに対してどう思うか。

イベント

今日は「北播磨倫理法人会」さんで講話をさせていただきました。

説明がありません

時折ツッコミを頂戴しながらも、楽しくお話させていただきました。

会場の小野向日葵ホテルの多目的室、窓が大きくて明るく、

話させていただくのに非常に気持ちよかったです。

小野向日葵ホテル – 小野匠台テクノプラザ◆ゴルフ・乗馬・ビジネスのご出張等に。 (hotel-himawari.com)

会は朝6時からスタートなのですが、役員さんたちはおそらく5時くらいからは

準備をされていると思います。

しかも、席のレイアウトや旗や標語の掲揚など、全てされていました。

片や、いつも参加している神戸市では、ホテル側で完了されています。

当然のことながら、後片付けも同様です。

いつも当たり前と思っていることが、他の場所ではそうではありません。

しかも、会を開催にする際、会場設営、環境整備には非常に労力、気遣いがかかります。

これが当たり前であるかのようにセットされていたことに、

特別に感謝の気持ちがわきました。そこでふと思ったことは、

もし自分が悪い条件の環境に移った際に、すべて受け入れることができるだろうか?

誰でも逃げたくなる状況で、素直に笑顔で受け入れることができるかどうか。

「苦難福門」という言葉があります。

逃げないで素直にぶち当たり、明るい気持ちで活動する。

忘れないようにしたいと思います。今日の気付きでした。

今日もありがとうございました。

ブログリニューアルしました。旧記事はこちらから↓

橋本包材研究所 所長のブログ – パッケージで気になることを、ちょこっと発信!! (photo.blog)

ホームページ、facebook、instagram で、パッケージについてのいろいろな情報を発信しています。

ケーキ箱・貼り箱・紙箱・ギフト箱。箱やパッケージデザインのことなら橋本パッケ
橋本パッケは「包む」ことをテーマに、開ける喜びと感動を与えるための研究開発を約60年続けています。私たちはその培った経験で、高い企画力と対応力かつ、リーズナブルであること基本にして真摯に対応させて頂きます。
https://www.instagram.com/packe_kobe/
株式会社橋本パッケ
株式会社橋本パッケ、神戸市 - 「いいね!」404件 · 32人が話題にしています · 136人がチェックインしました - 神戸発!“贈る人のきもち”をつたえるスイーツパッケージ

ネット通販サイトリニューアルしました。http://packe-shop.com/

コメント

タイトルとURLをコピーしました