ブームから、定番になるための秘訣とは?

お勧め商品

弊社でお問い合わせを多く頂いている「クッキー缶」

今はクッキー、お菓子以外の用途でもお使いいただくようになりました。

クッキー缶

元々あった「クッキー缶」

3年くらい前から徐々にブームになり、今はかなりのパティスリーのお店で見られます。

ブームになった要因は色々ありますが、実はブームのずっと前から展開しているお店も有りました。

どうも、10年以上も前もちょっとしてブームがあったそうです。

ただ、製造ロットが非常に多い(3000缶~5000缶)、

そしてオリジナル印刷の初回製版代がとても高い(20~30万程度します)

ので小規模店には手が届きませんでした。

今回、1ケース。100~150缶程度でも印刷が可能になったため、

小規模店、通販専門店などを中心に展開が広がり、見かけるシーンが増え、ブームとなりました。

ブームが終わると販売数量は減りますが、この後、

ゼロに近くなるまで減るか、それともある程度のところでとどまって売れ続けるか。

10年くらい前の「ロールケーキブーム」。

今はブームではないですが、どこのお店に行ってもショーケースには並んでいます。

「定番品」にったということです。ただ、定番品も同じならお客は飽きてしまうと思います。

販売数が少なくなって、売れないから辞めてしまう、、、これでは定番になりません。

売れ続けるために、味や品質、パッケージ、価格の改善をし続けなければなりません。

缶入りクッキーも、中身の変更やパッケージデザイン変更などしていかなければ、

お客様は飽きて販売数量は減ってしまうでしょう。

「地道な改善の継続が、定番になる秘訣」です

以前紹介しましたが、冷凍食品の味の素の「ギョーザ」

Amazon | 【冷凍】 味の素 ギョーザ (12個入) X6袋 | 味の素 | 食品 ...

ずっと売れ続けていますが、「毎年何か変更、改善して」います。

パッケージや、味。そしてCMやキャンペーンなど。

この商品に違わず、昔からロングセラー商品は定期的に何か改善していっているはずです。

日々の改善の継続、自分の生活にも当てはめて行きたいと思います。

クッキー缶、お問い合わせはこちらまでクッキー缶の小ロットオリジナル印刷出来ます!|特集|ケーキ箱・貼り箱・ギフト箱。箱やパッケージデザインのことなら橋本パッケ (e-hakoya.com)

今日もりありがとうございました。

ブログリニューアルしました。旧記事はこちらから↓

橋本包材研究所 所長のブログ – パッケージで気になることを、ちょこっと発信!! (photo.blog)

ホームページ、facebook、instagram で、パッケージについてのいろいろな情報を発信しています。

ケーキ箱・貼り箱・紙箱・ギフト箱。箱やパッケージデザインのことなら橋本パッケ
橋本パッケは「包む」ことをテーマに、開ける喜びと感動を与えるための研究開発を約60年続けています。私たちはその培った経験で、高い企画力と対応力かつ、リーズナブルであること基本にして真摯に対応させて頂きます。
https://www.instagram.com/packe_kobe/

https://www.facebook.com/hashimotopacke/

ネット通販サイトリニューアルしました。http://packe-shop.com/

コメント

タイトルとURLをコピーしました