パッケージを変えて新市場開拓になるか?

世の中のパッケージ

今日か明日までお盆休みの会社さんが多いと思います。

今年はずっと雨で、不要不急の外出を避けるように、と天気も言っているような感じですね。

災害の地域もあります。被害に会われた方にはお見舞い申し上げるとともに

まずはご無事を祈るばかりです。

今日はスーパーを見ていて新しいパッケージのご紹介です。

コチラの商品を御覧ください。

マルハニチロの「WILDish 若鶏から揚げ」です。

マルハニチロの冷凍食品サイト|マルハニチロ株式会社 (maruha-nichiro.co.jp)

私がいつも行くスーパーには売っていませんでした。

これもお盆あるあるですね。

この商品、実は

このように立ててレンジアップする仕様になっています。

特長は「お皿いらずで食べれる」ことです。

以前にこのブランドのチャーハンもご紹介したことがあります。

パッケージを変えて食べるシーンの変化に対応! – 橋本包材研究所 所長のブログ (photo.blog)

冷凍食品は半年で100品以上新商品が発売される業界。

このチャーハンも売り場に時々残っているのを見ると、

お皿になるパッケージや、1人用の用途などが世に支持されつつ有るのだと思います。

また、パスタのソースもそのままレンジアップ出来るのがあります。

オーマイ レンジでカルボナーラ|商品情報|株式会社ニップン (nippn.co.jp)

そういえば、ボンカレーもそうだったですね。

周囲の反対を押し切って実現した「ボンカレー」の電子レンジ対応 ...

箱ごとレンジアップできる仕様になっています。

箱ごとレンジ|ボンカレー公式サイト (boncurry.jp)

このようにパッケージの形状を変えることで便利になるだけでなく、食シーンも広がってきます。

商品の味、美味しさだけでなくパッケージが変わることで新しい市場を開拓できる。

実は色々アイデア出して形にしているのもありますが、なかなか発信出来ていないのが実情。

今後もご紹介を続けてまいります。今日もありがとうございました。

ブログリニューアルしました。旧記事はこちらから↓

橋本包材研究所 所長のブログ – パッケージで気になることを、ちょこっと発信!! (photo.blog)

ホームページ、facebook、instagram で、パッケージについてのいろいろな情報を発信しています。

ケーキ箱・貼り箱・紙箱・ギフト箱。箱やパッケージデザインのことなら橋本パッケ
橋本パッケは「包む」ことをテーマに、開ける喜びと感動を与えるための研究開発を約60年続けています。私たちはその培った経験で、高い企画力と対応力かつ、リーズナブルであること基本にして真摯に対応させて頂きます。
https://www.instagram.com/packe_kobe/

https://www.facebook.com/hashimotopacke/

ネット通販サイトリニューアルしました。http://packe-shop.com/

コメント

タイトルとURLをコピーしました