これからの30年はどんな日本になる?

イベント

先日の、倫理研究所、丸山理事長がモーニングセミナーで言われていた本を

早速読んでみました。

堺屋太一「三度目の日本」

幕末、敗戦、平成不況を越えて、また繁栄の日本が来る、という内容です。

三度目の日本 幕末、敗戦、平成を越えて (祥伝社新書) | 堺屋太一 |本 | 通販 | Amazon

これを、2019年にお亡くなりになる前に書かれていました。

幕末から約30年周期で、良くなっていく時期、悪くなっていく時期となっているようです。

すると、2020年頃からは「良くなっていく時期」に当たります。

本来は「東京オリンピック」次に「2025年の大阪万博」など。盛り上がる要素は多くあります。

また、良くなる30年の内容も時期によって異なります。

1度目の繁栄、日清日露戦争のあたりは富国強兵の「強い日本」。

2度目の繁栄、敗戦から立ち上がり、高度経済成長を迎えた「豊かな日本」

この時期に東京オリンピック、大阪万博がありました。

これから迎える3度目の繁栄は、

「楽しい日本」

だと堺屋さんは述べておられます。今度の大阪万博のテーマは

「いのち輝く未来社会のデザイン」で、

サブテーマが「多様で心身ともに健康な生き方 持続可能な社会・経済システム」です。

万博概要情報 | OSAKA,KANSAI EXPO 2025 | 2025日本万国博覧会誘致委員会 -大阪・関西-

一人ひとりがイキイキと楽しく働く、暮らすことが優先される時代。

ある程度豊かになった今、イキイキと生活している人々で溢れ、楽しい日本がこれから

作られると思うと、非常に楽しみです。

コロナ禍で少し遅れましたが、コレも楽しく働く、過ごすための契機と捉えれば、

今後まだまだ時代は変わりそうな気がします。

これからの時代、弊社は「パッケージ」という手段を用いて、

皆様が楽しく、イキイキとできるような世の中づくりに貢献できるよう、

頑張って行きたいと思います。今日もありがとうございました。

ブログリニューアルしました。旧記事はこちらから↓

橋本包材研究所 所長のブログ – パッケージで気になることを、ちょこっと発信!! (photo.blog)

ホームページ、facebook、instagram で、パッケージについてのいろいろな情報を発信しています。

ケーキ箱・貼り箱・紙箱・ギフト箱。箱やパッケージデザインのことなら橋本パッケ
橋本パッケは「包む」ことをテーマに、開ける喜びと感動を与えるための研究開発を約60年続けています。私たちはその培った経験で、高い企画力と対応力かつ、リーズナブルであること基本にして真摯に対応させて頂きます。
https://www.instagram.com/packe_kobe/
株式会社橋本パッケ
株式会社橋本パッケ、神戸市 - 「いいね!」404件 · 32人が話題にしています · 136人がチェックインしました - 神戸発!“贈る人のきもち”をつたえるスイーツパッケージ

ネット通販サイトリニューアルしました。http://packe-shop.com/

コメント

タイトルとURLをコピーしました