パッケージ

世の中のパッケージ

お盆前でなく「年末年始の準備を」

価格高騰、品不足も相まって、現時点でも納期が通常より多くかかります。現時点で先行きの安定供給が不透明な中、年末年始向けの資材確保も今から動いておけば安心です。
SDGs関連

必要な時に必要なパッケージ

今ある資源をフルに活用できるようになったほうが、これからの地球にとって良いに決まっています。大量生産大量消費ではなく、「少量生産適量消費」。今後の地球像のように思います。
世の中のパッケージ

さりげない?工夫のパッケージ

パッケージ業界も日進月歩でいろいろな形状、機能を持ったものが開発されています。大きなインパクトにはなりにくいので注目はあまりされないですが、ちょっとした機能向上が業界に影響を与えることもあります。
お勧め商品

新商品は欠かさず続ける。

季節の箱も211柄目にもなりました。季節ごとに絶え間なくデザイン提案を続けています。
世の中のパッケージ

見た目を変えて買いやすく、食べやすく。

パッケージを変えてターゲットをある意味明確にしている例かもしれません。買いやすい、食べやすい、みんなに、のように。多分前も買ったと思います。それだけ目立っている、ということだと思います。
イベント

両極端を併せ持つ

広く受け入れられるには、両極端を併せ持ったラインナップが必要です。経営者が「両極端を併せ持つ」ことが必要なように、企業自体も必要なのだと思います。
SDGs関連

紙に変えてこんな効果が!

脱プラの代表「紙製に変える」。脱プラの思いの方が先だと思いますが、紙製の利点を生かした表現方法で注目を引く、面白い取り組みですね!!
世の中のパッケージ

「目立つ」より「環境」「コスト」がトレンド

「目立つ」よりも「環境配慮」「コストダウン」が今のトレンドのようです。
世の中のパッケージ

「無駄」も「必要」とすることで。

無駄に見えることも「必要」で、必要そうにみえることも「無駄」かもしれません。
世の中のパッケージ

パッケージの材質の動向から、世界の景気動向を考察。

景気は悪くなっても、自分の気持ちだけでも明るくしていきたいと思います。
タイトルとURLをコピーしました