紙の動向で世の中の流れがわかる。

SDGs関連

昨日の日経新聞で、紙の生産量の推移の記事がありました。

パッケージを扱う我々にとっては興味のある記事です。

ダンボールや板紙(厚紙)の生産量は増えていますが、洋紙(薄紙)の生産量は下がっています。

前者はネット通販増加の影響で出荷数アップ、後者はオフィスに出勤せずテレワークが進んだ影響で使用量が減ったと言われています。

紙の動向は、実質GDPとの相関関係が高かったようですが、デジタル化が進みつつある2009年以降、洋紙は相関関係が薄くなってきたようです。ただ、板紙はまだまだ強いと言われています。

(GDP=国内総生産。日本国内の儲けの合計=企業の利益+所得の合計(ざっくり言えば))

脱プラ、と言われていますが、板紙を使うパッケージ関係は増えていますが、薄い紙への需要、紙袋などの需要はコロナの件もあってそれほど増えず、かえって減っているように感じます。

今後、デジタル分野における何かの推移がGDPとの相関関係を示すものが出てくると思います。

紙製のパッケージは伸びる分野で注目されます。形状、材質などまだまだ発展していきます。

パッケージの未来に注目です!

今日もありがとうございました。

ブログリニューアルしました。旧記事はこちらから↓

橋本包材研究所 所長のブログ – パッケージで気になることを、ちょこっと発信!! (photo.blog)

ホームページ、facebook、instagram で、パッケージについてのいろいろな情報を発信しています。

ケーキ箱・貼り箱・紙箱・ギフト箱。箱やパッケージデザインのことなら橋本パッケ
橋本パッケは「包む」ことをテーマに、開ける喜びと感動を与えるための研究開発を約60年続けています。私たちはその培った経験で、高い企画力と対応力かつ、リーズナブルであること基本にして真摯に対応させて頂きます。
https://www.instagram.com/packe_kobe/
株式会社橋本パッケ
株式会社橋本パッケ、神戸市 - 「いいね!」404件 · 32人が話題にしています · 136人がチェックインしました - 神戸発!“贈る人のきもち”をつたえるスイーツパッケージ

ネット通販サイトリニューアルしました。http://packe-shop.com/

コメント

タイトルとURLをコピーしました