クリーム色は、印刷の時要注意!

お勧め商品

パッケージは、黒や白など、単色のものからカラフルなものまで、ある程度目立って手に取ってもらえるような、またもらって価値が伝わるようなものであるべきだと思います。

今回お手伝いさせていただいた日章興産さんの「完熟ブルーベリー酵素ドリンク」のボックス。

年間1000本限定生産、兵庫県の自社農園産有機栽培したブルーベリーを100%使用したドリンク。9種類のブルーベリーを100日完熟発酵して作った栄養たっぷり。無農薬、手摘みとこだわったブルーベリーのドリンクです。

商品にご興味にある方は↓まで(サイトはまだ前のパッケージになっています)

完熟ブルーベリー酵素(1本) – G Line brio ショッピングサイト (shop-pro.jp)

このパッケージ、ベースのクリーム色、結構こだわっています。

といいますのも、紙にクリーム色を印刷する時、実は結構思った色が出ない場合が多いんです。。。

原因は

い色なので、下の紙の色の影響を受けやすい」

ことにあります。クリーム色を代表してご紹介しましたが、薄い色は要注意です。

防ぐ方法として、まずは実際の紙に印刷をする、色校正することをおすすめいたします。

特に、古紙の含有率が高い紙の場合、グレーが出てしまうことがあります。

とにもかくにも、良いパッケージが出来てよかったと思います。

今日もありがとうございました。

ブログリニューアルしました。旧記事はこちらから↓

橋本包材研究所 所長のブログ – パッケージで気になることを、ちょこっと発信!! (photo.blog)

ホームページ、facebook、instagram で、パッケージについてのいろいろな情報を発信しています。

ケーキ箱・貼り箱・紙箱・ギフト箱。箱やパッケージデザインのことなら橋本パッケ
橋本パッケは「包む」ことをテーマに、開ける喜びと感動を与えるための研究開発を約60年続けています。私たちはその培った経験で、高い企画力と対応力かつ、リーズナブルであること基本にして真摯に対応させて頂きます。
https://www.instagram.com/packe_kobe/
株式会社橋本パッケ
株式会社橋本パッケ、神戸市 - 「いいね!」404件 · 32人が話題にしています · 136人がチェックインしました - 神戸発!“贈る人のきもち”をつたえるスイーツパッケージ

ネット通販サイトリニューアルしました。http://packe-shop.com/

コメント

タイトルとURLをコピーしました