「すみません」から「ありがとう」へ。

勉強会、講演会で学んだこと

今朝の講話での感じたこと。毎週いろいろな方の講話聞いていますと、気づきもその時々で様々です。

今日は「すみません」と「ありがとう」の違いから気づいたことです。

「すみません」は辞書によると『「すまない」の丁寧語。相手に謝罪・感謝・依頼などをするときに用いる。』

とあります。

片や「ありがとう」は『感謝したり、礼を言ったりするときに用いる言葉。』とあります。

ありがとうイラスト/無料イラストなら「イラストAC」

言う側は、あまり意味の差はなく使われていると思います。

でも、聞く側にとって聞こえ方は違うように思いませんか?

「すみません」というと、謝っているイメージが強め。「申し訳ない」と似ている感じでしょうか。

「ありがとう」というと、お礼をしているイメージ。感謝のイメージです。

「すみません」連発する人は、なんかあまり良いイメージでは有りません。

「お願い、自分を許してください」というイメージにも取られます。

片や「ありがとう」連発する人は、ちょっと感じ良いイメージがします。

「謙遜するのが美徳」という日本ならではだからでしょうか?

とっさに「すみません」とよく出てしまいがち。

「すみません」と言われても良い気分にはなりにくく、

マイナスからゼロに戻るような感じにおもいますが、

それを「ありがとう」に変えるだけで、聞き手も良い気分になります。

マイナスから、一気にプラスになるイメージです。

この「ありがとう」という言葉。ものすごいパワーを秘めている言葉です。

連発するだけでステージ4のガンが治ったかたもおられます。

ぜひ「すみまねん」を「ありがとう」に置き換える。または、

「すみません」のあとに「ありがとう」を。今日もありがとうございました。

ブログリニューアルしました。旧記事はこちらから↓

橋本包材研究所 所長のブログ – パッケージで気になることを、ちょこっと発信!! (photo.blog)

ホームページ、facebook、instagram で、パッケージについてのいろいろな情報を発信しています。

ケーキ箱・貼り箱・紙箱・ギフト箱。箱やパッケージデザインのことなら橋本パッケ
橋本パッケは「包む」ことをテーマに、開ける喜びと感動を与えるための研究開発を約60年続けています。私たちはその培った経験で、高い企画力と対応力かつ、リーズナブルであること基本にして真摯に対応させて頂きます。
https://www.instagram.com/packe_kobe/
株式会社橋本パッケ
株式会社橋本パッケ、神戸市 - 「いいね!」404件 · 32人が話題にしています · 136人がチェックインしました - 神戸発!“贈る人のきもち”をつたえるスイーツパッケージ

ネット通販サイトリニューアルしました。http://packe-shop.com/

コメント

タイトルとURLをコピーしました