子どもは親が思う以上に、親のことを思っている。

勉強会、講演会で学んだこと

一昨日はモーニングセミナーでした。講話で衝撃的な内容が。

この経営者の方、幼少期から家族関係で本当に苦労された方。

講話は実は2回目。

聞くたびに、自分は本当に恵まれた環境で育っている、だからもっと頑張らないと、という気持ちになりますし、もっとできる、やるべきことがある、という気持ちになります。

離婚のイラスト「間に挟まれた子供」 | かわいいフリー素材集 いらすとや

その方は幼少期、3人兄弟の長子で、ご両親が離婚をされ母方に引き取られました。

しかし、お母様はほとんど家に帰ってきません。

食事もお母さんが時々お弁当を届けてくれるものしかなく、だんだん日の間隔も開いていきます。

そしてとうとう、電気、水も止められてしまいます。

その方は弟たちに言いました。「近くのおばあちゃん家に行こう」

すれば食事もあるし、環境もよくなるから、普通なら当然です。

でも、そこで弟たちはこう言いました。

「お母さんが帰ってきたら寂しがるから、家に残る」

こんなに辛い環境でも、子どもたちは親のことを思っているのです。

今まで接触している人が、子どもは少ない、親は多い、の違いは有ると思います。

でも、子どもたちは、ココまで親のことを思っているとは・・・。

この文章書いてていて目頭が熱くなりました。

つまり、周りの方は自分のことを自分が思っている以上に思われている、ということです。

自分の家族だけでなく、会社でも、他の組織でも。

まずは自分の周り、よく接する人を大切に、関心を持って行きたいと強く思いました。

今日もありがとうございました。

ブログリニューアルしました。旧記事はこちらから↓

橋本包材研究所 所長のブログ – パッケージで気になることを、ちょこっと発信!! (photo.blog)

ホームページ、facebook、instagram で、パッケージについてのいろいろな情報を発信しています。

ケーキ箱・貼り箱・紙箱・ギフト箱。箱やパッケージデザインのことなら橋本パッケ
橋本パッケは「包む」ことをテーマに、開ける喜びと感動を与えるための研究開発を約60年続けています。私たちはその培った経験で、高い企画力と対応力かつ、リーズナブルであること基本にして真摯に対応させて頂きます。
https://www.instagram.com/packe_kobe/
株式会社橋本パッケ
株式会社橋本パッケ、神戸市 - 「いいね!」404件 · 32人が話題にしています · 136人がチェックインしました - 神戸発!“贈る人のきもち”をつたえるスイーツパッケージ

ネット通販サイトリニューアルしました。http://packe-shop.com/

コメント

タイトルとURLをコピーしました